お肉以外の愛すべき油ものたち | 半年で15キロヤセたアラサー男のストレスフリー糖質制限
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お肉以外の愛すべき油ものたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

当サイト管理人のプロダイエッターKです。

お肉自体の糖質はほとんどゼロであることはこちらの記事で述べた通りです。
今回は、油ものが大好きな私がオススメする、素敵なコテコテの仲間たちを紹介しましょう(笑)。

いずれも、従来のカロリー計算のダイエット方法では、避けておくべきだと言われてきたものです。

私も以前に低カロリーダイエットを実践していた時は、全部避けていましたが、今ではガンガン摂取しています。
やっぱり、こういう味の濃いものを食べないと、ストレスが溜まるんですよね…。

マヨネーズ 究極のオールラウンダー

サラダにお肉料理にと、あらゆる場面でマヨネーズ味にしてしまう強力な味の持ち主であるマヨネーズ。

私も毎日のように使ってます。
例えばスクランブルエッグ、キャベツの千切り、野菜炒めなんかにも使っちゃいます。

ところがマヨと言えば、高カロリー食品の代名詞のような扱いを受けていますよね。
しかし意外にも、マヨネーズの原料は卵、油、酢などで、いずれも糖質はそこまで多くありません。
糖質制限ダイエットでは、マヨネーズはガンガン使って問題ないのです。

糖質量は100gあたり3.3g程度で、一回の食事に使う量から考えれば、ほとんど考えなくてもよいレベルです。

また、「カロリーハーフ」のマヨネーズなども最近ありますが、糖質量は普通のマヨネーズも同じ。
私の場合、カロリーは高いのですが味のコッテリしたものが好きなので、スタンダードなマヨネーズにしちゃっています(笑)。

逆に、カロリー控えめな商品というのは、別の物を足しているので、糖質が高くなることもあるので、注意しましょう。

鶏卵 最強の栄養爆弾

たまごもダイエットの敵と言われて久しいですが、これもほとんど糖質ゼロ。

一日一個だけが好ましい…なんて話を聞きますが、それもかなり信憑性が薄い話です(笑)

朝ごはんが面倒な時は、鶏卵三個でスクランブルエッグを作り、マヨネーズをたっぷりつけて手抜き朝食にすることもしばしばです。
朝からハイカロリーですが、糖質量はめちゃくちゃ少ないですよ☆

チーズ ちょっとの量でも満足感は大

チーズといえば、ハイカロリーであることからダイエッターには敬遠されてきました。

ですが、100gあたり糖質1.0~1.5gという優秀なチーズ。
味も濃いですから、少ししか食べなくても満足感が得られるのが良い所です。
おやつとしても、おつまみとしても、料理に使っても、抜群の存在感で大活躍してくれます。

バター 牛の恵みは洋風料理のキーマン

チーズと同じく乳製品のバターも、カロリーは高いですが、なんとなんと糖質はほとんどゼロです。
牛乳は糖質がなかなか含まれているのですが、実はチーズやバターは「加工品」のため、製造過程で糖質は失われるんですね。
立派な糖質制限ダイエッターの味方です。

かと言って、食パンに塗る…なんてことはしないでください!!(笑)。全粒粉やふすま粉を使った低糖質パンならOKかもしれませんが…。

主に、洋風の炒め物などに使うと、芳醇な旨みを味わえますので、オススメです☆
例えば、ゴツめのお肉を焼いて食べる際、やはりバターを使っていると濃厚な味わいになりますので、一気に満腹感と満足感が増しますね。

ちなみに、マーガリンも糖質ゼロですが「トランス脂肪酸」という、あまり健康的に良くないものが使われていますから、私はバターをオススメします。

オリーブオイル 自炊男子は追いオリーブで決めろ

料理に使う油もできれば控えめに…なんて思っているかもしれませんが、糖質制限においては、意外と大丈夫なんです。
某イケメン俳優さんがガンガン使い倒す(!)ことでも話題になったオリーブオイルですが、本気であれくらい使っても糖質制限していれば太りません。
風味も豊かですし、健康的にも優秀な油分ですので、ちょっと高価ですが必需品と言えそうです☆

ごまドレッシング等 適量なら実はOK

私も低カロリー志向の時はノンオイルドレッシング一択で、ごまドレなんてとても使ってられない!という感じだったのですが、今は素敵な味方です(笑)。
栄養成分表示を見ると、かなりの高カロリーなのですが、そこはもう、見て見ぬフリをしてください!!カロリーのことはしばらく忘れましょう…(笑)。

ほんとに、そうする事によって、食事制限におけるストレスはかなり軽減できるんですよ。
要は、カロリーを忘れる事から糖質制限は始まるのです。

ドレッシングの場合、種類によって原材料がかなり変わりますので、実際のところはそれぞれの栄養成分表示を確認してほしいのですが、
ほとんどの場合はそこまで糖質は多くありません。確かにそれでもカロリーは気になりますが、そこまでドバドバかけなければ大丈夫な範囲です。

糖質ゼロなのに低カロリーのお肉たち

さらに!
糖質制限ダイエット上級レベルのガッツリダイエッターにオススメなお肉類をご紹介します。
なんか、どれもこれも酒のツマミにもってこいの顔ぶれですよね(笑)。

<鳥のささ身>
ご存じ究極の「良質なタンパク質」。高タンパク、低カロリーの代名詞的存在。料理に応用するのも超カンタンで低価格
<鳥の砂肝>
栄養素が豊富で、かつ低カロリー、高タンパクの超優秀食材。コンビニで手に入る事も
<ホルモン>
種類にもよるが、ビタミン豊富でカロリーが少ないものが多い
<青魚>
燃焼を促進するEPAやDHAが豊富。満腹感を得ることができるヒスチジンという成分も多い
<イカ>
こちらも低カロリーなのに、タンパク質の塊。スルメを食べればアミノ酸も摂取できる

CTAメタバリア5

1463534528211 1465529013474
停滞期脱出 便秘解消
1461600643750 1465504838178
iherbまとめ
 → カテゴリー別に記事を読む
followme
1465542691869 1465542451769
1465543011250 1465542866451

二つのブログランキングに参加中!
記事が良かった場合はCLICKしてもらえると励みになります↓
 blogmurabanner ninkiblogbanner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。