糖質制限ダイエットの意志を持続させる方法 | 半年で15キロヤセたアラサー男のストレスフリー糖質制限
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖質制限ダイエットの意志を持続させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 273

ダイエットを成功させるには、やっぱりどうしても「意志の力」というのは大事になってきます。
ただ、意志の力、意志の力…と唱えていても、意志が固くなるはずはありません(笑)

プロダイエッターとして数々のダイエットの光と影を見てきた私なりに(照)、ここでは意志の力をサポートできるような方法をご紹介します。

極端なダイエットは失敗のもと ストレスの少ない範囲でやろう

一念発起して「よし!やせるぞ!!」という気持ちは大事なのですが、無理なダイエットに一番多いパターンは三日坊主。
何の準備も知識もなく、ほとんど絶食に近いようなダイエットをやる人がいますが…9割方失敗します(笑)。

また、いきなり一日一時間ジョギングを始める人がいますが…まあ続きません(笑)。むしろ、私も三日坊主や絶食に近いカロリー制限、毎日の激しい運動など、色々試して失敗してきたクチです。

そういった経験を基に、常々私が持論としているのが、
ダイエットで一番大事なのは「持続可能であること」です。

なぜなら、もともと太っている人がヤセたとして、元のライフスタイルに戻したとしましょう。
この場合、ほぼ必ず、リバウンドします。
元のライフスタイルが「太る生活」だったわけですから、一回ヤセたところで、元の生活に戻してしまっては、どんどん元に戻っていき、当初の体重で落ち着いてしまいます。もしくは、最悪の場合、代謝のサイクルが変わってしまって、元の体重よりも重くなってしまうのです。

[ 関連記事 ] ●ダイエットヒストリー(2) 27歳 はじめての本気ダイエット カロリー制限
●ダイエットヒストリー(3) 30歳 二度目の本気ダイエット 有酸素運動

ですから、ダイエットとは「ヤセる事」ではなく「ライフスタイルそのものを太らないものに変える事」であると考えましょう。
そうすると、無理なダイエットがいかに無意味かおわかりいただけるでしょう。

むしろ、無理なくできる範囲で、ストレスをためずに、しっかりと継続した方が現実的には結果がしっかりと出ます
さらに、ダイエットに関する正しい知識を持って臨めば、その効果は最大限に発揮されます。

やみくもなダイエットよりも、最小の取組で最大の結果を出す方が楽ですし、長いスパンで考えた場合、より健康的です。

糖質制限ダイエットは、そういった意味でかなりやり易いダイエット方法だと言えるでしょう。

自分でしっかりと線引きをする

できる範囲で…などと言っていると、いつまでも本腰を入れないのがデブな人たちの精神構造です(私を筆頭に…!)。

ですから、やる時はやりましょう。

持続できる範囲で良いので、まずは一つ決めてやってみる事が重要です。

例えば、当サイトでおすすめしている「スーパー糖質制限」はとりあえず「三食主食を食べない」というのが大前提です。
ですが、実際に私が実践できているかというと、そうでもありません。
週に一回、必ず友達同士でラーメンや定食などを食べに行く機会があり、そこでは周りに合わせて食べてしまっているのです。

逆に、そういう付き合いの場では食べてしまっているかわりに、付き合いの場がない日には「絶対に主食は食べないぞ!」と決めています。
一人暮らしの私には、監視する人が誰もいないものですから、かつては菓子パンやコンビニ弁当を朝から食べるようなこともありました。ですが、自分の中で「最低限○○はする!○○はしない!」という事を作り、しっかりと守っていく事が重要です。

さらに言えば、もっと具体的に決めてみても良いかと思います。
例えば私の場合は、

・お菓子を買わない、食べない、もらわない
・パンは買わない、食べない
・白ごはんは炊かない、米を買わない
・うどん、そばなどの店には入らない
・外食で麺やご飯を食べる機会があったら、絶対に大盛りにはしない
・主食を食べた翌日は徹底的に糖質を削る
・甘いものは家では絶対に食べない
・たくさん糖質を摂取した後は、血糖値を下げる飲料を飲む

食べ物に関してはこのような事を決めていますね!
意外とゆるくないですか?実際にコレを実践していただくだけでも、かなり食生活は変わると思いますよ!

たまのご褒美は豪華にする

しかし、決め事ばかりでがんじがらめになってしまうと、ストレスは多少たまっていくでしょう。たまにはご褒美も必要かもしません。

ですが、今まで好きなものを好きなだけ食べるという生活をしていたわけですから、ご褒美をあげた瞬間、いきなり体がご褒美ばっかり求めてしまう事もあります(笑)。一回の堕落でダイエットが全部台無しになるような事は避けましょうね。

私の場合は、アイスクリームが好物ですので、ある決め事をしています。

「体重1kg落ちるごとに、ハーゲンダッツを一つ食べて良い」

ここで、ガリガリ君にしなかったのは理由があります。やっぱりたまのご褒美ですから、ちょっとイイもの食べたいんですよね!
もちろんガリガリ君も大好きですが、スペシャル感を持たせることによって、明日も食べようかな!という甘い考えにならないようにしています(笑)。

また、結果をもとにしたご褒美ですから、ご褒美そのものが目的になるわけでもありません。ちゃんと「1kg痩せた!!」という実感も、日常生活を送る上で味わうことができているはずです。ズボンのサイズ、服のサイズ、体の軽さ…そういうものから得られる喜びもひとしおですから、ご褒美もちょこっとだけで精神的に満足できますよ!

急ぎすぎず、まあいいやにもしない 日常のライフスタイル(=ストレスフリー)にしていく

糖質制限ダイエットに限らず、ダイエットで一番肝心なのは、やはり「バランス感覚」です。

まあいいや、と言ってしまうといつまで経っても、デブのまんまです(笑)。
ですが、やりすぎると、失敗するだけで、余計つらい。

ですから、ここまではできそうだ!ここまではやろう!と無理のない範囲で、ちょっと厳しめに決め事をして、それを快適に続ける努力をする。これで十分なのです。

結果は、すぐに出ても一年後に出ても、そこまで大きく変わらないはずです。むしろ、長いスパンでゆるやかに痩せる方が継続しやすい傾向にあります。目の前の成果を追い求めすぎて、本来の目的を見失わないようにしましょう。

そう、本来の目的は「ずっとこの先、デブな体型とおさらばする事」です。少しの間だけじゃないんです。

急ぎすぎると、すぐまたデブに逆戻りです!!!

ただし、糖質制限では、他のダイエットと比べて結果が出るのが早いですから、逆にびっくりすると思いますよ☆

<当記事のまとめ>
・意志の力を継続させるために「決め事」が大事
・ダイエットは「ライフスタイル」にしないと失敗する
・決め事はできるだけ具体的に
・厳しすぎるのは逆効果
・ご褒美も適度に活用する
[ 関連記事 ]

CTAメタバリア5

1463534528211 1465529013474
停滞期脱出 便秘解消
1461600643750 1465504838178
iherbまとめ
 → カテゴリー別に記事を読む
followme
1465542691869 1465542451769
1465543011250 1465542866451

二つのブログランキングに参加中!
記事が良かった場合はCLICKしてもらえると励みになります↓
 blogmurabanner ninkiblogbanner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。