OK食材とNG食材を判別し、ストレスフリーな糖質制限生活をゲットしよう! | 半年で15キロヤセたアラサー男のストレスフリー糖質制限
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OK食材とNG食材を判別し、ストレスフリーな糖質制限生活をゲットしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

糖質制限ダイエットが成功するか失敗するかの別れ道、それは我慢や意志の力だけじゃありません!
人間、我慢には限度があり、我慢だけに頼っているといつか失敗するでしょう。

何度も言っていますが、我慢を続けられないのが男っていう生き物です(笑)。ストレスを無限に溜めこめる人などいないと思います。

それよりも強力な武器が、ズバリ「正しい知識」です。そして、それを有効に使う「スキル」です。その二つがあれば、我慢しなくても成功する…としたら、こんな楽な話はないでしょう。

その正しい知識のうちの一つが「糖質制限OK食材かどうか」という点です。

糖質チェック・アイを養う!

ぶっちゃけ、糖質制限は

「OK食材ならナンボ食べても関係なし!満腹になるくらい食べても勝手に痩せていく!」

という大変都合の良いダイエット方法です(笑)。
ですから、食材を判別する知識さえ正しく持っていれば、なんてことはない簡単なダイエット方法なわけです。

しかし一方で、糖質制限初心者のみなさんには、「糖質が何なのか」「何に糖質が入っているのか」がわかりづらいかと思います。前者に関しては別のページで詳しく解説していますので、まず基礎知識として知っておいていただけると良いかと思います。

[ 合わせてこちらもご覧ください ] ●炭水化物・糖質・糖類とは?

一方、何に糖質が入っているのか、という所ですが、とても無数にある食べ物の栄養成分なんて覚えきれませんよね?

でも、それでいいんです。
覚える必要は基本的にありません。

何が必要かというと、まず「チェックするクセ」「ちょっと待てよ、と考えるクセ」です。

例えばコンビニやスーパーで売っているジュース類、酒類、乳製品、お菓子、アイスなどの加工品ですが、栄養成分表示はほぼ確実に記載があります。それを見ればよいのです。

[ 合わせてこちらもご覧ください ] ●「栄養成分表示」、「原材料名」の見方、知ってますか?

つまり、口に入れる前に、ワンクッション挟んでちょっと考える→糖質量がどのくらいのものかを知る、という事をしていれば、自然とNG食材を食べなくて済むのです。このチェック・アイを常に発動させておきましょう(笑)。

女性の場合、ダイエットを常にしている方が多いですから、カロリーに関してのチェック・アイを持っている方は多いです。しかし、糖質制限ダイエットの場合は、カロリーは気にする必要なし!糖質の方だけ気にしておきましょう。カロリーを気にしないだけでもかなりストレスは溜まりませんよ。

常に参照できる一覧表を用意!

現代は本当に便利になったと思います。
一昔前なら、糖質制限を本気でやろうと思ったら、糖質量一覧の本を持ち歩かなければ実践できなかったでしょう(笑)。

そう、みなさんにはスマホ&インターネットという強い味方がついています。まだガラケーを使っているそこのアナタ!!!スマホが断然お勧めです!!!(笑)

当サイトでもある程度用意していますが、食材に関して糖質量がどのくらいあるのか、なんてことをまとめたサイトがたくさんあります。
糖質に特化しなくても、カロリーや栄養成分表示の記載があるサイトもあります。また、食品メーカーのサイトにアクセスすれば、食品の栄養成分表示も確認できたります。

いざ糖質量がハッキリしないものを口にするとき、
「これくらいなら大丈夫かな?」と勝手に決めつけて、後でよくよく調べるとたっぷり糖質まみれだった、、、なんてことはよくある話。勝手な憶測で決め付けをせず、本当に大丈夫かどうか知っておくことが大事です。

例えば、牛乳・ヨーグルト・チーズ。よく勘違いされる三つの食材です。

チーズは糖質制限OK食材の代表格であり、糖質がほとんどありません。いずれも乳製品から作られていますから、大体同じだろうと思いますよね?しかし、違うのです。

牛乳はもともと糖質をたくさん含んでいます。しかし加工の過程で、糖質の成分が抜け、ヨーグルトはどちらかというと△の食材、チーズは完全にOKの食材と変化していくのです。これだけでも、イメージだけの決め付けは怖いなという事がわかりますよね。

毎日グビグビ牛乳飲んでたら、糖質制限は失敗します!!(笑)

未知の食材には疑いの目を!

牛乳を例に挙げたように、糖質量を詳しくしらない食材には、常に「疑いの目」を持ってください。

野菜だから大丈夫?いえいえ、そんなことはありません。
ナッツだから大丈夫?いえいえ、全然そんなことはないです。
フルーツは大丈夫?いや、完全に間違いです(笑)。

そういったわけで、普段摂取しないものであったりとか、よく調べたことのないものと出会った時、必ず疑ってかかることがコツです。
そして、その食材の糖質量がわかった時の対処方法として、

糖質が多い食材 → 食べない、もしくは一口だけにとどめておく
糖質が少しだけある食材 → 少量にとどめておく
糖質がない、ほとんどない食材 → 親のカタキのように食べる

このように使い分けて頂くと宜しいかと思います☆
そして、だんだん慣れてくると、100gあたり糖質○○gなんて表記を見て、大体ピンと来るようになります。

そうなれば、いわば「知識」と「スキル」を得たようなもの。
糖質制限成功への足がかりとなってくれます。

<当記事のまとめ>
・糖質制限に必要なのは我慢ではなく「知識」と「スキル」
・糖質チェック・アイを身に付ける
・未知の食材は必ずチェック!
・知ったつもりで安心していると思わぬ伏兵が!
[ 関連記事 ]

CTAメタバリア5

1463534528211 1465529013474
停滞期脱出 便秘解消
1461600643750 1465504838178
iherbまとめ
 → カテゴリー別に記事を読む
followme
1465542691869 1465542451769
1465543011250 1465542866451

二つのブログランキングに参加中!
記事が良かった場合はCLICKしてもらえると励みになります↓
 blogmurabanner ninkiblogbanner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。