ジュースは?炭酸は?糖質の多い飲みものまとめ | 半年で15キロヤセたアラサー男のストレスフリー糖質制限
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュースは?炭酸は?糖質の多い飲みものまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

飲み物くらい気にしなくても大丈夫!なんて思っていませんか?

もしそう思っているなら、きっと糖質制限でダイエットするなんてことは不可能です(笑)。
なぜなら、甘いジュースに限らず、飲料にはたくさん糖質が含まれている事が多々あるからです。

こちらの記事では、絶対避けたい糖質量の多い飲料のデータをまとめてみました。
ここに記載してあるドリンクは基本的にやめてください!!悪い事は言いません。今すぐやめましょう。

わかりやすいように、100mlあたりの糖質量を記載してありますので、参考にしてみてください。また、当サイトでオススメしているスーパー糖質制限ですが、一日の糖質摂取量の目安は30g~60gです。その一日のトータルの糖質量と比較すると、どれほどの影響力があるかわかりやすいかと思います。

デカビタC/オロナミンCなどの栄養ドリンク

商品名100mlあたりの糖質/炭水化物量
デカビタC13.5g
ドデカミン4.6g
オロナミンC15.8g

なんと、コーラなどのジャンクなドリンクを抑えて堂々の糖質量を誇る「栄養ドリンクっぽいドリンク」。
疲れた時にはとっても効く感じがしますが、相当な糖質量。せっかく主食を抜いてもこれじゃ台無しですから、できればやめましょう。

コーラ系ドリンク

商品名100mlあたりの糖質/炭水化物量
コカ・コーラ11.3g
三ツ矢サイダー11.0g
C.C.レモン10.1g
ファンタグレープ11.5g

ジャンクの王様、コーラ。もちろん最も要注意なドリンクの一つ。

また、最近は500mlのペットボトルで売られていますから、一本飲み干したら相当な糖質量。
やっぱりグビグビ飲めてしまうさっぱり感と、飲んでも飲んでも喉が渇く悪魔的な魅力が、「キング・オブ・デブ水」の名にふさわしい。

フルーツジュース(100%も含む)、野菜ジュース

商品名100mlあたりの糖質/炭水化物量
なっちゃん11.1g
野菜一日これ一本7.3g
小岩井純水りんご(100%)12.0g
ニチレイ アセロラドリンク9.4g
ウェルチ オレンジ(100%)12.1g
ヘルシーなイメージのフルーツジュース。

100%のジュースであれば、全然健康には良いんじゃないの?と思っている方、意外と多いでしょう。
しかし、糖質制限的にはこの数値は恐ろしい。こちらもグビグビ飲める上に、喉が渇きやすいので中毒性あり。子供のころから夏場にポンジュース一気飲みをやっていた自分は、そりゃデブになりますわな…。

続いてヘルシーなイメージの野菜ジュース。

健康には良いんじゃないの?なんて思っている方、意外と(以下略…)
この糖質量を見てください。糖質制限をやる上では相当な障害になってしまいます。普通にフルーツも入っていますし、砂糖も入っています。野菜を摂取するには、野菜をそのまま食べるのがおすすめです。

無糖ではないコーヒー飲料/紅茶飲料

商品名100mlあたりの糖質/炭水化物量
紅茶花伝 ロイヤルミルクティー6.8g
がぶ飲みミルクコーヒー8.5g
ボス レインボーマウンテンブレンド6.6g
紅茶花伝 ロイヤルレモネードティー6.6g
ボス 贅沢微糖3.0g
がぶ飲みしたい時、ありますよね。

コーヒー牛乳の甘ったるいのを飲むとき、なんとも言えない最高な気分になります。
しかし、体内では血糖値は急上昇、なんとも言えない最低な体型を作るのに大忙しです…(泣)。コーヒーは基本的にカロリーもありませんし、糖質も含んでいないのですが、缶やペットボトルで売られているコーヒードリンクの大半は高糖質です。

紅茶も要注意。

特に「ストレートティー」とうたわれているものも、注意が必要です。
あれ、レモンやミルクを足していないだけで、砂糖はどっさり入っているんですよ(笑)。そんな事知らなかったでは済まされません。紅茶を買うときは、栄養成分表示を見て、糖質制限にふさわしいかどうか見極めましょう。

スポーツドリンク

商品名100mlあたりの糖質/炭水化物量
アクエリアス4.7g
ポカリスエット6.2g
DAKARA4.2g
ゲータレード ラン6.3g
運動後にはやっぱりスポーツドリンクでしょ!という方も多いはず。

喉が渇いている時、全身が水分を欲している時なんて、たしかにこれは飲みたくなります。ストレス解消にもなりますしね。
ですが、よくよく考えて見ると、かなり甘い味付けをされているスポーツドリンク。糖質量で見てみると、れっきとした「ジュース」です。
せっかくスポーツをやってもダイエット効果半減、いやマイナスです。「スポーツ」という名に惑わされないようにしましょう。

牛乳

大人になるにつれて牛乳をがぶ飲みする人は、そこまで多くなくなると思いますが、念のため。

当サイトでも激プッシュしているチーズ、何かと便利なヨーグルトはおなじみだと思いますが、同じ乳製品でも、牛乳は例外です。牛乳は、チーズやヨーグルトへの加工過程で糖質を失っていきます

つまり、もとの牛乳は、結構な糖質量を持っているんですね。できれば豆乳に切り替えたいところです。

[ 関連記事 ]

CTAメタバリア5

1463534528211 1465529013474
停滞期脱出 便秘解消
1461600643750 1465504838178
iherbまとめ
 → カテゴリー別に記事を読む
followme
1465542691869 1465542451769
1465543011250 1465542866451

二つのブログランキングに参加中!
記事が良かった場合はCLICKしてもらえると励みになります↓
 blogmurabanner ninkiblogbanner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] (参考) ジュースは?炭酸は?糖質の多い飲みものまとめ ※ブログダイエッターK様のブログに飛びます […]

  2. […] (参考) ジュースは?炭酸は?糖質の多い飲みものまとめ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。